各種お問い合わせ新卒はこちら 中途はこちら

理学療法士physical therapist

  • TOP
  • 理学療法士

理学療法士として健和会で働く魅力

柳原リハビリテーション病院
セラピスト課 課長

理学療法士 萩原 雅恵

理学療法の仕事を通して、
ひとりの人間として成長できる

法人のスケールメリットを活かし、超急性期から回復期、生活期、終末期、予防までと幅広く経験を積むことができます。どんな病期・障害にも限界を決めず向き合っていくことを大切にしています。
理学療法士であれば機能回復・改善を図るのは当たり前です。生活場面での活動量を意識し、「より早く」「より良く」することを一番に考えているため、チームでの連携を非常に大切にしているので、多職種と連携したチームでの進め方を学ぶことができます。
患者さんの病気や状態によっては必ずしも望むような回復を遂げられなかったり、障害が残ってしまったりすることもあります。そんな時にでも、その人らしく活き活きと暮らせるようにサポートすることが私たちの役割だと思います。
生活を見据えた身体機能評価が行えるようになること、必要に応じて装具や福祉用具を使いこなし、患者さんの生活場面を広げなければなりません。
じっくりと技術を磨いていき、どんな疾患・障害・病期にも自信を持って応えられる「オールマイティ」な理学療法士として活躍できる環境が健和会にはあると思います。

理学療法士の仕事について

身体の機能に障がいがあるため、
生活を送るのが困難な人をリハビリテーションを通して回復へと導くことが理学療法士の役目です。

仕事内容

病気や事故のケガ、または老化や過度の運動で日常生活に支障をきたした人々に対し、医療技術や運動療法を用いながら、体の機能回復をはかる仕事です。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します。関節可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。 急性期から回復期、在宅、難病患者など、どんな分野でも「動き」を診る・改善する専門家として研鑽に努めています。 また地域住民の介護予防にも力を入れており、体操教室や講習会の講師も務めています。

  • 基礎的な運動能力の改善
  • 装具を積極的に活用した立位・歩行訓練
  • 身体の状況についての評価・分析
  • 屋外や公共交通機関を実際に使用した応用訓練
  • 環境調整、福祉用具の活用も視野に入れた自立支援

理学療法士の教育体制

包括的な地域リハを担う力が着実に身に付く環境があります。

キャリアイメージ

法人のスケールメリットを生かし、急性期、回復期、在宅をローテーションで経験可能。
セラピスト+社会人としてのスキルを段階的に習得することができます。

    • 評価・治療の基礎を学ぶ

    • 職業人・社会人としてのルールを遵守し、自己(健康、等)の管理を行う

    • 治療原理を理解し、スキルの習得に努める

    • チームの一員として役割を遂行し、後輩に基礎的技術(評価)を指導する

    • ケース、地域生活ケア、職場の基礎的なマネジメントを学ぶ

    • 後輩に基礎的技術(治療)を指導する

    • 研究の仕方を学び、成果を検証する

    • チームでリーダーシップをとり、学生指導を行う

    • 専門性(職能、領域)を追究する

    • 外部施設、地域との調整役を務め、支援・講義活動を行う

新人教育スケジュール

さまざまな新人教育プログラムを用意しているので、セラピストとしてだけではなく社会人としても成長することができます。
プロとして講義活動や施設リーダーとして活躍できるよう着実にステップアップできる教育体制を整えており、
セラピストとして大切な技術や経験を確実に習得することができます。

研修(A)=セラピスト部会の研修、研修(B)=各病院での研修、研修(C)=各病院での一般研修

  • 4月

    ●研修(A)
    ・セラピスト部会の理念と実践
    ・リハビリテーション情勢
    (報酬改定)
    ・リハビリテーションマインド
    ・社会保険制度
    ●研修(B)
    ・CCS
    ・リスク管理
    ●研修(C)
    ・接遇研修
    ・多職種連携

  • 5月

    ●研修(A)
    ・補助器具の活用、住宅改修
    ・初回介入シュミレーション
    ●研修(B)
    ・評価の基礎

  • 6月

    ●研修(B)・治療の基礎①

  • 7月

    ●研修(A)
    ・脳卒中患者の評価と治療

  • 8月

    ●研修(B)・症例報告①・治療の基礎②

  • 9月

    ●研修(B)
    ・症例報告②

  • 10月

    ●研修(A)
    ・呼吸循環器リハの基礎

  • 11月

    ●研修(B)
    ・治療の基礎③

  • 12月

    ●研修(B)
    ・症例報告③

  • 1月

    ●セラピスト部会総会
    ●研修B(症例報告③)

理学療法士として活躍する先輩

PT理学療法士

水木 志穂

みさと健和病院勤務

  • みずき しほ
  • 2015年入職
  • 秋田県出身・青森県立保健大学卒

初めの1年間は回復期、2年目から急性期の内科班を担当。
中高とバスケ部で、病院のバスケ部にも参加。

患者さんの話し相手に!
悩みながらも安心して学べる環境

私は、就職活動を始めた頃、未だ自分が進みたい分野がはっきり決まっていませんでした。幅広い知識・技術を身につけたいと思っていたので、様々な分野を経験できる当院で働くことにしました。

1年目は回復期班、2年目からは急性期班(内科)に移って脳血管疾患、呼吸器、循環器などを中心にみています。大学での授業や実習では、整形や脳血管疾患をみてきたため、内科に対して苦手意識がありました。実際に働いてみると、体調の悪い患者さんにも離床をすすめる場合がありますが、それにはリスク管理と治療の進み具合に応じた慎重な負荷量の調整が必要です。個々の患者さんにとって今、何を優先すべきか、そのためにどんなプログラムが良いのかを日々考えるようにしました。少しずつではありますが、理学療法士としてのスキルが身に付いてきたように思います。

セラピストはもちろんのこと、他職種間でもこまめに情報共有を行っています。全員で患者さんをみるという意識が浸透しているので、今では内科への苦手意識もなく、安心して臨床に取り組むことができています。急性期から回復期、そして終末期まで対象分野が幅広い分、勉強会や研修も充実しています。様々な経験を持つ先輩方から学ぶことも多く、はじめは苦手な分野があったとしても、理学療法士として必要な知識・技術を身に付けることができる環境です。

水木先輩の一日

8:45 朝会(始業)
9:00 臨床
12:15 昼休憩
13:20 臨床
14:30 カンファレンス参加
16:40 カルテ記録
17:15 夕会(終業)
業務後 触診勉強会

各施設の人数

PTOTST
柳原病院 9名 1名  
柳原リハビリテーション病院 49名 19名 3名
老人保健施設 千寿の郷 4名 1名
みさと健和病院 36名 12名 4名
みさと健和クリニック 7名 5名
補助器具センター、地域包括支援センター、他 3名
合計 105名 41名 7名