各種お問い合わせ新卒はこちら 中途はこちら

作業療法士Occupational therapist

  • TOP
  • 作業療法士

作業療法士として健和会で働く魅力

みさと健和病院
セラピスト課 部長

作業療法士 佐藤 亨

学ぶ機会が多くあり、
どんな方にでも対応できる力が身につきます!

機能改善だけではなく、活動や社会参加を見据えて、対象者が主体的に生活することができるように介入します。「その人らしく、活き活きと暮らしていく」ための包括的な作業療法を経験することができます。

また、病院では急性期・回復期を中心に、退院後は外来・通所・訪問リハの分野といったように、幅広いステージで臨床経験を積むことができることも大きな魅力だと思います。

法人が育んできた地域に根差した医療・介護のフィールドでは、多くの予防事業、生活支援が行われています。認知症予防教室、サロン・カフェ、健康体操などに、作業療法士が参加しています。こうした地域の活動、まちづくりに参画することを通して、広い視野をもった作業療法士に成長できると思います。

作業療法士の仕事内容について

生活動作や手工芸・遊び・スポーツ、会話など様々な作業活動を通して、
対象者が主体的に生活することを支援するのが作業療法士の役割です。

仕事内容

身体障害領域の作業療法が主な仕事です。
対象者の心身機能の回復と生活動作の獲得レベルを予測して機能訓練やADL・IADL訓練を行い、並行して役割や趣味などの社会参加につなげる評価・訓練を進めます。実践レベルでは、対象者が自分の身体の動きや感覚を理解し、残った障害を受け止め、それにどう向き合い、対処の仕方を見出していくことを手助けしていくことが求められます。
私たちは、種々の作業活動を媒体にして運動と認知(思考)の両面から気付きを促し、動機づけするアプローチを重視しています。

  • 運動や感覚、認知・思考、心肺などの心身機能の訓練
  • 食事やトイレ、家事など、日常で必要となる活動の訓練
  • 役割や外出、就労・就学の指導・練習

「運動と認知(思考)の両面から介入する作業療法」

[身体認知]気づき[思考(考え方)]

(「日記」・「ADL自己評価」、「訓練スケジュール」・「生活リハーサル」・他)

  • 作業療法理論
  • 作業療法面接
  • 作業活動

作業療法士の教育体制

包括的な地域リハを担う力が着実に身に付く環境があります。

  • 「ジェネラル」から「スペシャル」まで

    作業療法の原理・原則を身に付け、様々な疾患、患者の支援に応用ができるようにします。成長に応じて得意分野や専門的な技術の習得を目指します。

  • 大学教員・ベテラン作業療法士による臨床教育を実施

    先輩や同年代の作業療法士と一緒に学び合う環境が作業療法らしさ(専門性)を育みます。評価・治療を一緒に行う臨床指導に力をいれています。講義や勉強会、症例検討会も毎月開催しています。

  • 「ヘルスプロモーション」がキーワード

    役割や様々な形での参加が自己効力感を生みます。病気とどう向き合うか、ストレスにどのように対処していくのかと言った生活課題に対して、教育的な作業療法の介入が重視されます。

キャリアイメージ

法人のスケールメリットを生かし、急性期、回復期、在宅をローテーションで経験可能。
スキルやマネジメント、チーム連携、講演や講師の仕事など、プロフェショナルとしての資質を段階的に習得します。

    • 評価・治療の基礎を学ぶ

    • 職業人・社会人としてのルールを遵守し、自己(健康、等)の管理を行う

    • 治療原理を理解し、スキルの習得に努める

    • チームの一員として役割を遂行し、後輩に基礎的技術(評価)を指導する

    • ケース、地域生活ケア、職場の基礎的なマネジメントを学ぶ

    • 後輩に基礎的技術(治療)を指導する

    • 研究の仕方を学び、成果を検証する

    • チームでリーダーシップをとり、学生指導を行う

    • 専門性(職能、領域)を追究する

    • 外部施設、地域との調整役を務め、支援・講義活動を行う

新人教育スケジュール

評価・治療の知識やスキル、疾患別リハ、症例報告の仕方などを通年で学習できます。
また、セラピストとしてだけではなく社会人としても成長することができます。

研修(A)=セラピスト部会の研修、研修(B)=各病院での研修、研修(C)=各病院での一般研修

  • 4月

    ●研修(A)
    ・セラピスト部会の理念と実践
    ・リハビリテーション情勢
    (報酬改定)
    ・リハビリテーションマインド
    ・社会保険制度
    ●研修(B)
    ・CCS
    ・リスク管理
    ●研修(C)
    ・接遇研修
    ・多職種連携

  • 5月

    ●研修(A)
    ・補助器具の活用、住宅改修
    ・初回介入シュミレーション
    ●研修(B)
    ・評価の基礎

  • 6月

    ●研修(B)・治療の基礎①

  • 7月

    ●研修(A)
    ・脳卒中患者の評価と治療

  • 8月

    ●研修(B)・症例報告①・治療の基礎②

  • 9月

    ●研修(B)
    ・症例報告②

  • 10月

    ●研修(A)
    ・呼吸循環器リハの基礎

  • 11月

    ●研修(B)
    ・治療の基礎③

  • 12月

    ●研修(B)
    ・症例報告③

  • 1月

    ●セラピスト部会総会
    ●研修B(症例報告③)

作業療法士として活躍する先輩

0T作業療法士

高橋 輝

柳原リハビリテーション病院勤務

  • たかはし ひかる
  • 2015年入職
  • 茨城県出身/山形県立保健医療大学卒

フットサルとスキーサークルで活躍中!院内勉強会で大学教授(OT)から指導が受けられるのも魅力。

さまざまな臨床の経験を積んで
作業療法士として大切なこと学んだ

私は、大学在学中から健和会の奨学金を受けており、毎年夏休みや冬休みには病院を見学していました。学校の実習以外に臨床の場を見学・体験したことは、貴重な経験となり、私の中での作業療法士として「大切なこと」に気付くきっかけになりました。
それは助けるのではなく、「作業」を通して、その人自身が“主体的”に生活できるよう支援することです。この“主体的”がまさしく当院が掲げる理念の一つである「生きていく力を取り戻す」に通じると思います。

入職後は、実際に患者さんと関わる中で作業療法士としてどう患者さんを捉えるか、どのような作業を提供できるのかなど試行錯誤の繰り返しですが、先輩や他職種のスタッフの助けを得ながら、自分なりのOT介入を組み立ててこれたと感じています。またリハ室だけではなく、必要に応じて病棟での体操や歌会・園芸、自宅での家屋評価など患者さんの生活に視点を向けたリハビリを多職種と協力しながらできることも、当院の魅力であり強みだと思います。さらに、臨床業務だけでなく、認知作業療法(COT)に関する院内勉強会や研究、地域包括支援センターの認知症予防教室など興味を持った分野でも幅広く参加できる環境があり、自分自身の作業療法士としての視点が広がっていることを実感しています。まだまだ試行錯誤は繰り返していますが、これからも患者さんの主体性(=生きていく力)のために、自分自身努力しながら、仲間とともに頑張りたいと思っています。

高橋先輩の一日

9:00 朝礼(始業)
9:20 リハ
12:00 昼休み
13:00 リハ
14:20 病棟CF
15:00 病棟活動(OT棒体操)
15:20 リハ、園芸活動、他
17:00 記録業務
17:20 掃除
17:30 夕礼(終業)
業務後 文献抄読の会、COT研究など(週1~2回)

各施設の人数

PTOTST
柳原病院 9名 1名  
柳原リハビリテーション病院 49名 19名 3名
老人保健施設 千寿の郷 4名 1名  
みさと健和病院 36名 12名 4名
みさと健和クリニック 7名 5名
補助器具センター、地域包括支援センター、他   3名  
合計 105名 41名 7名