各種お問い合わせ新卒はこちら 中途はこちら

ブログBlog

2019.07.02

柳原病院の新人紹介です!

 今年も梅雨がやってきました。雨上がりに虹を見ました。紫陽花も晴れやかで、この時期にみられる美しさに感動しました。皆様はいかがお過ごしですか。私は柳原病院のリハビリ課の滝音健朗と申します。

 今年も当課に四月から新入職員が一名配属されました。理学療法士の高木愛実さんです。早いもので三ヶ月が経ち、仕事の効率も良くなっています。一生懸命で気配りが利くので、患者さんからの信頼も厚いです。可愛く明るい太陽のような高木さんから、少し早い初夏の挨拶を皆様に届けます。

 私は理学療法士の高木愛実です。私が理学療法士を目指したのは、リハビリを行うことはもちろんですが、入院期間は患者様といる時間が長く、患者様の声を一番近くで感じることが出来る仕事だと思ったからです。

 理学療法士として働き始めて、2ヶ月半が経ちました。正直、とてもあっという間で、理学療法士として自分は成長できているのか、日数ばかり過ぎていないかとても心配になる事もあります。また、今までは先輩の見学や一緒にということが多かったですが、徐々に医師や看護師など他の職種の方々と、自分の意見を持って直接話をする機会がとても増えてきました。その中で自分の理学療法士としての責任感を改めて感じています。

 

 柳原病院は健和会の他の病院と比較し、あまり規模は大きくありません。しかし、だからこそ他の職種を身近に感じることができ、直接話す機会も多く、自分の意見がとても伝え易い場であると感じています。また先輩方を見ていると個性を生かすことができ、なおかつチームも大切にしている、そんな職場であると感じました。

 私も先輩方のように個性を失わず、日々成長していける理学療法士になれるように頑張りたいと思います。

ブログ一覧へ